スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空調服それは悪魔の領域か天使の微笑みか!?(笑)

  • 2016/07/07(木) 09:25:05

前々から気になっていた夏になると作業服屋さんに陳列される空調服

とうとう買っちまいましたよ❗🎵(笑)

まー発売されて4、5年は経つのでガテン系やブルーワーカーにはけっこう認知度が有ると思いますが

それでもワイの周辺では見かけませんでした

そしたら、先月の終わり頃

仲間の後輩鉄工屋が買ってて、立ち寄った時に

『俺の夏が変わった!!』と知り合いに言われたらしく衝動買いしたとの事

んでもって、一度試着させてもらうと

なんとまあ!気持ちの良い事!!!

その翌日には手元に有りましたよ🎵(笑)(笑)(笑)

空調服のセットはというと

横腹後ろの両側に穴の開いた服

と、ファン&ケーブルセット

そして、バッテリーと充電器セット

こんな感じで組み立てて出来上がり

たまたま取引先の作業服屋さんが取り扱っていたから、そこで買ったけども

けっこうネットショップで購入してる人もいるようです

でも、購入価格はそんなに大差ないようですし

一番のネックであるバッテリーが社外品やいろいろあるようなので予備として検討したいとこです

それは何故なら、、、、

充電が切れたら地獄!!

だからです!!

充電池はネットでもいろいろ有り、だいたいマトモなのが7千円から1万ちょっと

レビューを見ると当たりハズレもけっこうあるようでちょっと躊躇してたら

こんなケーブル発見!

手持ちのモバイルバッテリーのUSBから空調服のファンに接続出来るもの

試しに接続してみると

無事に動きました❗🎵🎵(笑)

セットのバッテリーは3Vから7Vと送風強さが変えられますが

5Vで使えばほぼ8時間持つようで、モバイルバッテリーも5V出力なのでバッテリー切れの心配は解消です(笑)

一番の使い心地はと言うと、まだ現場で1日しかフルに使ってませんが3Vでもけっこう涼しいです

ただ、周辺温度が高い環境や塗装等の周辺臭気が悪い場所では

自分の背中から吸われた空気が襟から吹き出すのでどこでも使えるとは限らないと思います

特にトイレと言うか、、

大便の時は気を付けて!!(笑)

自分の排便臭を吸い込みモロに自分の顔に送風されます!!!(笑)(笑)(笑)

関連記事
スポンサーサイト

ステンレス湯煎桶

  • 2016/05/04(水) 16:30:15

蒸気を使って湯沸かし・煮物温めをするためのステンレス製桶の製作をさせて頂きました。

今回の構造は底部のみジャケット構造(二重構造)にて製作

もちろんインアウトのノズル間は邪魔板を上下左右の千鳥に配置して簡易的な蛇管構造となってます。










後は表面の酸洗(焼け取り)と漏れテストですが

上げ底(二重底)を溶接する前に蛇管代わりの邪魔板や底部内側は腐食防止の電解焼け取りを施して有るため長持ちすると思います

関連記事

ブラックライトを購入しました

  • 2016/04/13(水) 16:21:44

久しぶりの書き込みでまたも工場内設備なんですが

ブラックライトなるものを購入しました❗🎵



横の注射器は関係ありません(笑)


ここんところ大型のタンク製作が多く、面倒なことにほとんどが保温ラッキングするので社内にて完璧な漏れ検査をしなければならない

今まではこういった



以前にも投稿したカラーチェックを使うか水張り試験か、密閉タンクならば圧力エアーを入れて洗剤でリークチェックをしてました

しかしながら先回のタンクは密閉じゃ無い上に水量2tonが4台

水道料金がハンパない(>_<)

とは言えどんなに自信が有っても製造責任としては確実な漏れ検査をしなければ成らないので

水中ポンプを使って一台毎に水張りし水漏れチェックをしました


そんななか工具ガス商社から漏れ検査の道具に特化したメーカーさんがデモ器を貸してくれると連絡

それがこのブラックライトを使った漏れ検査

簡単に説明すると専用の液体を溶接箇所に塗って、そこにピンホールなりクラック(亀裂)が有れば裏側に浸透してブラックライトでその箇所がピンポイントで解ると言う物


今作ってるタンクにわざわざピンホールを作れないので溶接サンプルで紹介



これは新入社員応援部隊の子達に溶接時にバックシールドの有無を見せる為のサンプル

表は



こんな感じ(一応焼け取りはしてあります)



で例えばこの裏側に専用の液体を塗って



ブラックライトを充てると



塗った部分が白く光って見えます



で、溶接した表側は



ブラックライトを充てると



ちょっと解り辛いかな??(笑)


とにかくコレで業務がはかどる事間違いない❗🎵

関連記事

レーザー墨出し機

  • 2015/09/09(水) 21:41:52

ひさびさに工場内の設備投資❗❔

レーザー墨出し機を奮発しちゃいましたよ❗🎵




このフォルムめちゃカッコ良いよね⁉(笑)



こういったレーザー物を買うのはマジで30年振り


(あっ!?距離測定器はその後買ってるか??(笑)(笑))


最初に買ったのはこれ❗



水平器にレーザーが付いただけのもんですが、その当時は屋内のライン配管が主流で糸を張ったりとか出来ない現場だったのでホント役に立ちました

ほぼ同時期に購入したのは




レーザーでは有るんですが、可視光線ではないけっこう昔から有るオートレベルって言うんですかね❔

その前は望遠鏡タイプの2人作業でないと採寸出来なかったのが、コレでは一人でレベル採寸が可能です。


その後購入したのがコレ




縦ライン•横ラインと上下ポイントの逆下げ振り機能のもの





でも、その当時はたしか10万円くらいしたと思います。それでもけっこう安いお得な物立ったはず




さっ❗🎵名入れも済まして頑張ってもらいますか!?(笑)(笑)

関連記事

ごぶさたです⁉(^_^;)\(・_・) オイオイ

  • 2015/08/20(木) 20:48:33

なんて事だ!!ほぼ1年間も放置してたのか!!??


てなワケで、何のためのブログ!?何がしたくて何を起こしたいのか!!


そ、自分のホント自己責任自己満足のブログで
せっかく読んでくれる人たちに、、、、

なんて奴だ!




ってな事で、、、。もう少し待って下さいm(._.)m

関連記事

パラマウ~ントベッド♪

  • 2014/12/04(木) 10:21:26

ウチの同居バンバァがいよいよ動けなく成りつつあり

介護用にリクライニングベッドをリースする事に成りました




因みに『バンバァ』とは同居の孫姫ちゃん達の大婆ちゃんの呼びかたで

ワイのカミさんは『バァバ』と使い分けてるようです




今日は仕事を少しはなれ、自宅の今までのバンバァのベッドを片付け

新しいベッドを設置してもらいました



8年前に亡くなったオヤジの時に来たベッドとは格段に進化してましたよ

リクライニング、足上げだけで無く高さも変えられ

エアーベッドになってて
エアー圧により変な寝癖も矯正出来る機能が付いてます





で、この先ヤハリ家族介護と成るんだけど

訪問看護、ヘルパーさんはモチロン今までの倍入ってもらいました


そ~は言っても朝・夜や土日は来ないので家族が診る事になるが

営業形態が現場主体で年末年始は思いっ切り現場どっぷり!


この先どうやって介護して行くか
この冬バンバァが乗りきれるものか?まったくわかりません


つい先日フォローしてるFacebookページにこんな投稿がありました






自分のフィードにシェア投稿しましたが

他の方のシェア数も多いし、コメントも沢山の記事でした。



どこかの議員さんや、役所関係の奴らは在宅看護・家庭看護をとぬかしてますが

自分たちがその立場になった事が無いか、金とコネで平気で預けられるからか

ホント一般人たちとの温度差を感じずにはいられません。

関連記事

チタン溶接、バックシールドとアフターシールド

  • 2014/10/23(木) 13:25:22

久しぶりのチタン溶接です

オゾン曝気(バッキ)の散気配管金具として使うとのこと

今まではステンレス製を使っていたものの、溶けて無くなる頻度が激しいので

チタン材で対処していくということでの製作依頼です。



材料はとても高額なので支給してもらいました



溶接としてはステンレス時のTig溶接と何ら変わりはないのですが

シールドガスだけはステンレス時と違います


ステンレスのシールドガスはアルゴンまたは窒素ガスで良いが

チタンは溶接周囲の大気酸素だけでなく窒素も嫌うので

溶接用のアルゴンガスのみで対応して、更にバックシールドだけで無く

アフターシールドも必要とします。



バックシールドと言うのは溶接部の裏側にシールドガスを充てる事ですが

アフターシールドは溶接した後からトーチについて行き溶接部をある意味冷やしながらシールドしていくということです。



今までは溶接部を囲うようにアルミホイルでバリケードを作ったりしたんですが

今回はトーチの先端部にアフターシールドが充てられるように自作トレーラーを作りました




市販のアルミナノズルにトレーラータイプが有りますが使い勝手も解らないし少し邪魔っぽいので作ることに

コレならば溶接部径が大きく成っても水平でも調整が出来そう♪



それに最近のTigトーチはガスレンズでガスが拡散しなくて効率よく溶接部に当たるのでアフターシールドもこのくらいで良いのかも?

あくまで自己判断ですが(笑)


バックシールドのパイプノズルの中にはガスレンズ効果が望めるように

スチールウールを入れ噴出直ぐの拡散防止を



コレもまた根拠のない自己判断です(笑)









溶接部も銀色のすこぶる健康的な状態です。

後は溶接部付近の焼け取りをして完了です。


サンテックFacebookページも訪問お待ちしてます。
https://www.facebook.com/Santecc.jp

関連記事

薬品用ステンレス容器(寸胴)のクラック修理とエンドミルコーティング専用機部品の修理

  • 2014/10/12(日) 14:17:09

何やら世間は三連休とか!?

ワイの住んでる地区も区民運動会真っ盛り、
我が家としては世代交代したんで若夫婦家族達が参加して
ワイとカミさんは休日返上工場内作業


金曜日の夕方に持ち込み修理依頼で週明け朝一番に欲しいとか!?

一つは



近くの薬品メーカーさんの専用容器

寸胴底部の取り出し配管周りが割れて液漏れ


もう一つは



切削ドリルメーカーさんのコーティング専用機内の部品





所々、元の溶接からクラックしてる




さて、まずは手の掛かるであろう寸胴からやっつけます(笑)

コレだけ光ってるとクラックの場所がわからないので探傷剤で調査



20分以上十分に浸透させて

洗浄剤でふき取ったのち、現像液でクラックを浮かび上がせるんですが、、、

あろうことかスプレーのガスが抜けてて使えない!?

まぁたまにしか使わんのでこうゆう事もあり得るわな、、

ふと思い同じ様な白っぽい粉系統ならばと



ケガキ用の白ペンスプレーならば?




おおーー!!(笑)

なんとか浮かび上がってんじゃん♪♪(笑笑笑)


ならば、コレに沿って先ずは棒グラインダーで開先溝を



ゴリゴリ削って、、、、

バックシールドガスを充てつつ本溶接


ま、ここまでは一般的修理



お節介やきのワイジーは

なんでこんな所が割れるんか?たぶんこの先の配管バルブの負荷でと思い



配管補強をば。

コレも本溶接をして完了です。


もちろん、電解処理酸洗と内面バフ研磨の仕上げもして完了です!


Facebookでもボヤいてます!♪
https://www.facebook.com/W.santecc

関連記事

可動式安全柵バージョンⅢ 開発記

  • 2014/10/10(金) 18:10:45

特殊用途の機能安全柵の開発依頼を受けました


以前作ったコレ特殊用途機能安全柵バージョンⅠ(簡易自動開閉安全柵扉)と



第二弾となる特殊用途機能安全柵バージョンⅡ

用途とは異なるバージョンⅢとなります



現地を採寸しCADに写します。

ここ数日寝ても覚めてもその構造の事で頭がいっぱいでした




でも、ようやく構造方針が決まって

後は使える材料が有るか或いはそういった材料が存在するかを確認し

原価を把握した上でやっと積算見積もりとなります


しかし、せっかく出した見積もりも

先方様の予算と計画に合わなければやり直し、あるいはご破算です

こう言う場面では、ワイ等の商売もつくづくバクチ、水商売やなぁ~と思いますわ

関連記事

内径グリッパー完成!

  • 2014/10/03(金) 15:20:56

某大手企業様のからご依頼の治具が完成しました。


この厚肉のカップリング(ソケット)



を、加工後毎にマシンから取り出した後、コンテナに積み込むんですが

詰めていくので外側は手が入らなくなります

よって内径しか掴むところがありません


バージョンⅠは



ネジを回す事によって外側が拡がり内側を掴むものでしたが

しっかり掴む為にはしっかり回さないとダメ


但し、コレの良いところは内径範囲が40ミリまでのストロークが有るとこ



もっと簡単にグリップが出来ないかと考えたもの

バージョンⅡの



実物は、客先で検証使用中


しかしコレも自分的に不満製品

しかも作るのがめちゃくちゃ手間(。>_<。)


その後の構想2ヶ月

一週間前に神が降りて来ました!(笑)


バージョンⅢとなるコノ



百聞は一見に如かず!





まだまだ改良の余地有りですが

やっと自分の納得の行く物が出来ました❢

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。