スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内径グリッパー完成!

  • 2014/10/03(金) 15:20:56

某大手企業様のからご依頼の治具が完成しました。


この厚肉のカップリング(ソケット)



を、加工後毎にマシンから取り出した後、コンテナに積み込むんですが

詰めていくので外側は手が入らなくなります

よって内径しか掴むところがありません


バージョンⅠは



ネジを回す事によって外側が拡がり内側を掴むものでしたが

しっかり掴む為にはしっかり回さないとダメ


但し、コレの良いところは内径範囲が40ミリまでのストロークが有るとこ



もっと簡単にグリップが出来ないかと考えたもの

バージョンⅡの



実物は、客先で検証使用中


しかしコレも自分的に不満製品

しかも作るのがめちゃくちゃ手間(。>_<。)


その後の構想2ヶ月

一週間前に神が降りて来ました!(笑)


バージョンⅢとなるコノ



百聞は一見に如かず!





まだまだ改良の余地有りですが

やっと自分の納得の行く物が出来ました❢

スポンサーサイト

手摺りのエンドキャップ製作

  • 2014/02/24(月) 09:48:50

市販既製品の手摺用エンドキャップの製作依頼が来ました





↑こんなイメージのもの、、。


どうやら、そこのメーカー物はアルミ鋳物で

パイプのヘアラインと合わないからとの事で


ヘアライン物でさらにそのパイプ取付穴に合わせての製作依頼です






メーカー資料図面をもらうと、、、、

取付が左右兼用でとなってます。



併せて、スロープ部用の鈍角コーナーも必要とか





取り付けボルトも

エンドキャップはM6、鈍角エルボはM8ということで


普段なら接続用の中パイプは、市販のジョイントパイプを使うんですが

肉厚がt2.0しかなく、M6では2山、M8では1.5山しかネジが掛かりません

よって、ジョイントパイプに近い外径の肉厚パイプを使い



今回の専用ジョイントパイプを製作します


差込側のみ旋盤でテーパー加工して





次にセッティング用ネジ穴を


等間隔、同位置に来るよう治具を作り穴あけ






ネジタップ加工



今回のエルボは私も初めて使う『シャープエルボ』を採用





仮組み立てするとこんな感じに








次に、エルボの穴あけ

コレはジョイントパイプを溶接するための穴


数量があるので治具を作って、ケガキ作業の短縮化です





左右兼用の加工はとても手間が掛かるので

左右各半数ずつ作ります






専用ジョイントパイプとの接続

コレもまた治具を作り、固定し仮付溶接出来るようにします





エルボ側の穴を溶接で塞ぐ、コレを『栓溶接』と呼んでます



先端の半ダ円キャップも溶接して






溶接ビートカット(荒研削)し細研削しヘアライン仕上げ







内部の裏焼け取りと腐蝕処理を電解処理機で仕上げ完成です





次に、コーナーエルボ



市販のものは角度が自在とのことですが、今回は角度をを28°と決めているのと

市販エルボでは45°しかないので、使用パイプと同じ外径肉厚の物で作ります





Rエンドキャップと同じ工程で、仮組みまでしますが



上部のみ手触り、手当たりが良いようにR加工します





一度溶接した後、角部に切れ込みを入れて


ガスで炙りながら叩いてRをつくります



そして、サラにまた溶接し、ビートカット、HL仕上げと移ります





梱包は直接渡すので、HL部のみ保護し

直ぐに取り付けやすいようにジョイントパイプぶは養生無しにさせてもらいました。




工場内什器の製作

  • 2014/01/17(金) 08:45:49

とは言っても家庭用のソレとは違いが有りますが

同じくくりでは有ると思います



塗装前ですが、品質確認管理用のボードフレームで有ったり



向かって左側下に有る棚は製品の陳列棚


そしてA4の管理表を差し込む枠



大きさはA4の硬質クリアファイルがぴったり入るサイズ

もちろんワイ社オリジナル形状



コレは市販のパーツボックスを使った部品管理棚



簡単そうに見えて、簡単に作れる様に成ってます(笑)


キッチンワゴンのようなコチラは




想像通りの専用作業機用のワゴン



そして乗せる物も専用なので他の用途に流用はお薦め出来ません(笑)



これらは全て鉄工業的一次産業品であるアングル材を使って加工してるわけですが

二次的に加工を施したアングル材
もありまして



左側が電気工事系で流通してるアングル

右側が配管設備系で流通してるアングル



で、これらを使ったフレームがコレ



仮に作ったもんじゃ無いですよ?
一応チャンと納める物です

コレを使う目的と言うか目論見は、高さや大きさが長穴なので現地で変更が出来るって事




そうそう!什器と言えば昨年こんな物まで手がけました







とある設計事務所からの依頼で

とある歯科医院の設備に使うシンクトップ



マジでこんな事もやるのか?

のサンテックです!!宜しければどうぞご用命下さい(笑)




Facebookでもボヤいてます!♪
https://www.facebook.com/W.santecc

【折り畳み式安全柵】それは特殊用途の安全柵です

  • 2013/02/24(日) 09:00:40

昨年後半から年始にかけて、それはそれはたくさん注文を頂いた本年度のヒット商品、、、、?



あまり周辺の詳細は写せないんですが



↑昨年中と



↑昨年末、年始と

製作・設置させて頂いた一部です

向こう側が霞むほどの距離でしょ?(笑)



製作数もさることながら、設置施工で難儀したのは


精度良く作ればコンクリート床ゆえの段差により軸部が堅くなり開閉し難いとか、


床の構造がコンクリートでは無いところ、厚み25㎜の肉厚鋼板の所があり

支柱固定はアンカーボルト打ちでなく

ボルトメネジのタップ加工をしなくちゃいけない箇所もけっこう有り

コレの工程が余分に掛かり簡単にはイかない所も何ヶ所かありました。



とは言え、おかげで大手企業さんであっても入所方法も要領を得て


どこの大手さんもですが、入出門手続きは厳しいんですよ(笑)


現場でも『毎度の事』レベルで各所オペレーターさんも快く周辺アドバイスしてもらったり



いろんな意味でスキルアップと信頼を得られたと思うんです



で、前置きが来年にナルくらい長くなりそうなんで元に戻って、、、


例えばコノ箇所、、、





柵の先に製品のパレットが有りますが、、、



こういった物は、一般的にフォークリフトと言う車両で移動するんですが



こうして、ストッパをハズして







コウ成れば、、、




歩道通路を塞ぎ、フォークリフト優先にする!



と言った具合に安全第一に考えた安全柵なんです。




楽しい仕事でした!
まさしく、先方様工場長さんのアイデアをカタチにさせて頂いた一例の

弊社のポリシー的製作工事でした

自動閉安全柵扉

  • 2013/01/27(日) 15:13:27

自分がてっきり開発したもんだと思った物が

実はよその業界でも使われていたなんて事有りますよね?



20数年以上も前に牛の搾乳設備の設置工事を手掛けていたとき

牛が戻らない為の自動で閉じる柵を考えました


が、最近のお得意様先の大手企業構内の安全柵に同じ構造の自動閉扉が各所で使われてたんです

たった20数年でここまで波及するなんて事は有り得ないんで

おそらくは、普通に世間で使われていたんでしょう


でも、自分が知らなかったくらいやからコレは皆さんも知らない方も居るかも?

と言う事で『自動閉扉』の製作をご紹介



扉自体はどんな構造・材料でも良いんですが

その軸部は必ずパイプのが簡単で作り易いでしょう


今回はパイプで『P』字状に作った物を



Pのタテ方向の根元辺りを45度に切断します

いわゆる門松の斜め切り状態にするんです





そして、門松状のパイプにはワンサイズ下のパイプを差し込み栓溶接などして固定します






そしたらば、Pの頭の部分を差し込み完成です


塗装した部分との違いがわかりますか?



開くとコンなふうにナナメになってる分、上にあがり

手を離すと自重でナナメ切れ込みに合わさる様に戻ります


今週末の大工事の一部に設置したので動画でアップします

興味の有る方はお使い下さい。意匠権とか、特許権とか無いとは思いますが



ピッチスケール

  • 2011/12/10(土) 12:25:29

前々から欲しい物があったんですが、、、、

コレがケッコウ高くてちょっと買うには気が引けてたんですよ



『穴ピッチ用デジタルノギス』って言います

それが、二万五千円もするんですよ

しかも、150みりまでしか測れない。。。。




ってなわけで、手持ちの600ミリ直尺用のスケールストッパーと




新たに直尺用ストッパーを買って




600ミリまで測れる、ピッチスケールを作りました




一応、精度は0.1ミリまで測定可能



総費用額。。。五千六百円弱

なかなか良いじゃないですかね?!♪♪




でも、、、、、、、



21ミリ以内は測れません

トレーラー製作委員会 完の巻

  • 2011/04/02(土) 14:10:45

いよいよ完成!

先ずはヒッチメンバー

20110331102822.jpg

このあと、シャーシブラックを塗って完了



ヒッチカプラ部も一応高さを合わせて、構造変更

2011033116.jpg

なるべく本体を水平に運んだ方がよかろうと、、、。

なんとかコレで持ちますかね!?


で、塗装最中に悲劇がおこった!!!


トレーラーじゃなく^^;;



ここ20年ほどそんなに花粉症も気にならなかったのに

シンナーとエアガン塗料が災いしたのか!?

鼻水ダァーダァー!!!


コレじゃ納品で外に出らんない、ってことで

急遽病院行って、花粉症、特に鼻水対処用薬を処方して貰った


かくして納車は無事トトのいました♪♪


サッソク搭載テストです

F1000023_20110402135154.jpg



順調にコンバインが載って行きます

重心を過ぎると傾斜荷台が元にもどり、、、、

バッタ~ン!


搭載完了♪♪

F1000024_20110402135153.jpg

慣れないと乗り切る時にチョットびびります^^;;


なんとか出来上がってホッとしました

また、こんな面白いモノを作らせて貰えると楽しいです



この度はH様アリガトウ御座いました♪

プレミアムなボッタクリ~~

  • 2011/03/10(木) 16:52:36

ピッカピカ☆に出来上がりました!♪

毎度お馴染み黒鯛落し込み師の御用達

ボタクリーナーです!!


今回はチョット趣向を変えて、、、、

moblog_00add91e.jpg

フル鏡面仕上げでお届けです


どうせ、実際に使っていれば

表面はイガイやカキガラ、コンクリで傷だらけ

に 成るんでしょうが、、、、。


今回は特別に、ある大会の協賛でのお嫁入り

なので、より一層キレイにしてあげたかったし


まえまえから、

せっかく買って頂くなら最初はキレイなほうがいいんでは?


と、おもっての製作です


moblog_47f8457d.jpg

細かな溶接部分もピッカピカ!!


moblog_7b293155.jpg

よく見たら撮してる手まで映ってる


どなたに渡るのか解りませんが

大事に、、とは言いません!


ガジガジに成るまで使い倒したって下さい!!





いたずら防止ナット

  • 2011/03/02(水) 10:36:32

以前、カミさんと釣りに行った際見かけた物


漁港入口などにある津波等対策の防護扉に目がいった



イツモは、扉本体の溶接部や、可動部等の構造を見てるのだが

コンクリート擁壁に取り付かれた扉のレール金具台

ソコに今まで見た事のないナットが使われていた




解りづらいかも知れませんが

一番手前のアンカーナットと奥の物との違い

奥の物ではナットよりボルトが普通にでてますが

手前の物だけ、ナットの頭が六角ではなく丸くなってます


すぐに「いたずら防止」か「緩み止め」かと思いましたが

今まで見た事無い構造だったので、取り敢えず写メしときました


あとで、調べてもなかなか解らずにいたんですが、やっと判明

ナットプロテクターという代物


街中の珍しい物、マダマダ見落としている事がホント沢山ある

荷台フレーム

  • 2010/03/03(水) 12:30:31

いよいよ春本番、今朝から春○番の強風


前々から軽トラックの荷台シートの仕舞いが気になっていたので
こんな物を作った


普通にシートを張ると中央に水たまりが出来るので
シートを屋根状に張る棒を作った

よくよく調べてみると、ホームセンター等にケッコウ安く売られているようだ
しかも、アルミでどんなメーカーにも合うように伸縮するものだ


しかし、こちとら鍛冶屋だ
丈夫で長持ちなステンレスが一番でぇい!!




てなわけで、シート先端中央にハトメを新たに設けて
荷台フレームにも棒をたててズレ防止

フレーム本体が鳥居中央からズレないよう、鳥居にビスのストッパー





荷台フレームの収納がし易いように、棒の真ん中から印籠継ぎで分割式


若い頃は車の改造なんかを良くやったものだが
こう言う物作っては悦に入る自分が、、、つくづく年くったなぁ~。。。

介護支援ステンレス手摺

  • 2010/01/19(火) 18:30:00

大層なタイトルですが、、、


今回は初めてのお客様で、

あるクリニックの健診車両後部にある電動ステップに

脱着可能な手摺を付けました。


単純な形の手摺ですが、相手は可動するステップに付けるのと

全部で3台ですが、3台とも少しずつ違い、左右も違うので

意外と手こずりました。


1


Y○ック様有難う御座いました。又の御注文お待ちしております。

ステンレス看板

  • 2009/11/11(水) 13:00:00

とても新製品とは言えませんが、

随分前~~に
お仲間の電機工事屋さんに新築のプレゼントをしたものです





20091110170002.jpg

ヘアラインの加工がまだ未熟で

外枠の角パイプの角とかT字の継ぎ目などどうやったら良いのか
試行錯誤してその当時自分で出来る限りの工法を考えて作ったものです

今にしてみれば
「もっと何とかなるやろ~~?」
なんて思うんですが。。。

今も繁盛しているみたいで
作り手冥利に尽きますね

エマルジョン燃料

  • 2009/11/10(火) 13:00:00

20.jpg
  以前別のお客様から乳化後のタンクのみの製作依頼は受けて

  名前だけは知ってはいたんですが







製作に関してはは弊社HPの『開発秘話』をご覧頂くとして

この件でご依頼を頂いてから『エマルジョン燃料』についていろいろと調べました
モチロンその殆どがインターネットからの情報です

そして、いろんなメーカー・販売元が沢山有るのを知り
せっかく弊社を選んで頂いたので後悔して貰ってはいけません
ガゼンやる気が起きました

エコにも繋がる仕事に携わる事が出来てタイヘン製造者冥利に尽きます


弊社からの直接販売は出来ませんが興味の有る方は是非ご連絡を

または販売元となる『コム・マックス』様へお問い合わせ下さい

イロリのロ 外伝

  • 2009/10/29(木) 18:00:00

20091024101649.jpg
  さぁ~~ってコレは何でしょう!??


  当たっても賞金・賞品はありません!!





レーザーで展開切りをして箱曲げ完了したので、各角を溶接です

20091027144240.jpg
  裏波もバッチリ!!






この次は角のツバを溶接して、歪み抜き♪♪

20091029101831.jpg20091029101833.jpg


この後は、耐熱塗料を吹き付けて。。。。

20091027173308.jpg


完了です!!

20091029101828.jpg




で?結局何になるかと言うと。。。。



囲炉裏の炉です♪♪v^^

本編の製作記は、、、コチラのブログで。。。

燃料革命!?!

  • 2009/08/25(火) 07:30:00

タイトルがメチャ大袈裟ですが。。。ヾ(;´▽`A``

この装置を7月始めから設計製作してまして、やっとの事で零号機が完成しました!!v( ̄∇ ̄)





20.jpg
 それがこの
 エマルジョン燃料生成装置です(d ̄▽ ̄)





開発・完成までの秘話?や販売・問い合わせ先などは
HPをリニューアルするなどして、おいおいご紹介したいと思ってますが。。。

着手時の少量テストでは全く先が見えず
何度やっても、方法・手順を変えてもうまく行きませんでした

最後の生成プログラム製作時では
思うようなチャートにならず徹夜仕事は数日。。。

まさしく産みの苦しみ状態が続いてまして
常連御得意様にもズイブンご迷惑をお掛けしました

コレの1号機・2号機受注を切望しつつ
ココ1ヶ月半の宿題を消化せねば!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。