空調服それは悪魔の領域か天使の微笑みか!?(笑)

  • 2016/07/07(木) 09:25:05

前々から気になっていた夏になると作業服屋さんに陳列される空調服

とうとう買っちまいましたよ❗🎵(笑)

まー発売されて4、5年は経つのでガテン系やブルーワーカーにはけっこう認知度が有ると思いますが

それでもワイの周辺では見かけませんでした

そしたら、先月の終わり頃

仲間の後輩鉄工屋が買ってて、立ち寄った時に

『俺の夏が変わった!!』と知り合いに言われたらしく衝動買いしたとの事

んでもって、一度試着させてもらうと

なんとまあ!気持ちの良い事!!!

その翌日には手元に有りましたよ🎵(笑)(笑)(笑)

空調服のセットはというと

横腹後ろの両側に穴の開いた服

と、ファン&ケーブルセット

そして、バッテリーと充電器セット

こんな感じで組み立てて出来上がり

たまたま取引先の作業服屋さんが取り扱っていたから、そこで買ったけども

けっこうネットショップで購入してる人もいるようです

でも、購入価格はそんなに大差ないようですし

一番のネックであるバッテリーが社外品やいろいろあるようなので予備として検討したいとこです

それは何故なら、、、、

充電が切れたら地獄!!

だからです!!

充電池はネットでもいろいろ有り、だいたいマトモなのが7千円から1万ちょっと

レビューを見ると当たりハズレもけっこうあるようでちょっと躊躇してたら

こんなケーブル発見!

手持ちのモバイルバッテリーのUSBから空調服のファンに接続出来るもの

試しに接続してみると

無事に動きました❗🎵🎵(笑)

セットのバッテリーは3Vから7Vと送風強さが変えられますが

5Vで使えばほぼ8時間持つようで、モバイルバッテリーも5V出力なのでバッテリー切れの心配は解消です(笑)

一番の使い心地はと言うと、まだ現場で1日しかフルに使ってませんが3Vでもけっこう涼しいです

ただ、周辺温度が高い環境や塗装等の周辺臭気が悪い場所では

自分の背中から吸われた空気が襟から吹き出すのでどこでも使えるとは限らないと思います

特にトイレと言うか、、

大便の時は気を付けて!!(笑)

自分の排便臭を吸い込みモロに自分の顔に送風されます!!!(笑)(笑)(笑)

ブラックライトを購入しました

  • 2016/04/13(水) 16:21:44

久しぶりの書き込みでまたも工場内設備なんですが

ブラックライトなるものを購入しました❗🎵



横の注射器は関係ありません(笑)


ここんところ大型のタンク製作が多く、面倒なことにほとんどが保温ラッキングするので社内にて完璧な漏れ検査をしなければならない

今まではこういった



以前にも投稿したカラーチェックを使うか水張り試験か、密閉タンクならば圧力エアーを入れて洗剤でリークチェックをしてました

しかしながら先回のタンクは密閉じゃ無い上に水量2tonが4台

水道料金がハンパない(>_<)

とは言えどんなに自信が有っても製造責任としては確実な漏れ検査をしなければ成らないので

水中ポンプを使って一台毎に水張りし水漏れチェックをしました


そんななか工具ガス商社から漏れ検査の道具に特化したメーカーさんがデモ器を貸してくれると連絡

それがこのブラックライトを使った漏れ検査

簡単に説明すると専用の液体を溶接箇所に塗って、そこにピンホールなりクラック(亀裂)が有れば裏側に浸透してブラックライトでその箇所がピンポイントで解ると言う物


今作ってるタンクにわざわざピンホールを作れないので溶接サンプルで紹介



これは新入社員応援部隊の子達に溶接時にバックシールドの有無を見せる為のサンプル

表は



こんな感じ(一応焼け取りはしてあります)



で例えばこの裏側に専用の液体を塗って



ブラックライトを充てると



塗った部分が白く光って見えます



で、溶接した表側は



ブラックライトを充てると



ちょっと解り辛いかな??(笑)


とにかくコレで業務がはかどる事間違いない❗🎵

レーザー墨出し機

  • 2015/09/09(水) 21:41:52

ひさびさに工場内の設備投資❗❔

レーザー墨出し機を奮発しちゃいましたよ❗🎵




このフォルムめちゃカッコ良いよね⁉(笑)



こういったレーザー物を買うのはマジで30年振り


(あっ!?距離測定器はその後買ってるか??(笑)(笑))


最初に買ったのはこれ❗



水平器にレーザーが付いただけのもんですが、その当時は屋内のライン配管が主流で糸を張ったりとか出来ない現場だったのでホント役に立ちました

ほぼ同時期に購入したのは




レーザーでは有るんですが、可視光線ではないけっこう昔から有るオートレベルって言うんですかね❔

その前は望遠鏡タイプの2人作業でないと採寸出来なかったのが、コレでは一人でレベル採寸が可能です。


その後購入したのがコレ




縦ライン•横ラインと上下ポイントの逆下げ振り機能のもの





でも、その当時はたしか10万円くらいしたと思います。それでもけっこう安いお得な物立ったはず




さっ❗🎵名入れも済まして頑張ってもらいますか!?(笑)(笑)

こんな物まで有るのか!?サンテック!!

  • 2013/12/24(火) 12:08:04

年末工事までいよいよ秒読み体制っていう感じの週明け

工事の際に依頼電機屋さんが使いたいって言うんで久々に登場!!



パラララッタラ~~♪


高所作業車ぁ~~!!


こぉ~~んなにのびまぁ~~~っす!!


全高4メートル!!

なんで機械組立製缶溶接屋のウチが高所作業車なんかもってんのよぉ~??


ホントに!?道具道楽もタイガイにせぇっちゅう感じやね!?(←特にカミさんが




そんなことはさて置き

久々に使うんで、ホコリもハンパないしそこらもサビサビ



手摺を刺すパイプをケレンし、止めねじも新しく




天板ズレ止めの板も片方無いので、新しく作って




電線端子も切れかけでそのままだと現場で修理ロスを起こすんで新しく圧着




手摺のクサリもサビサビ!新しいのに換えましょう♪




一番使う手摺もサビを落として、再塗装!!

後は本体のホコリやゴミを払って、充電バッテリーも整備して完成です!!


あ、そうそう♪コチラのFacebookもよろしくねぇ~~!!
https://www.facebook.com/W.santecc

10年一昔

  • 2013/04/27(土) 20:01:30

数日前の話なんですが


ワイ社の戦艦車2トンクレーントラック車の排気ブレーキが何となく効かなくなってたんです


まー、普段使用には困る事は無いんですが、、、?

ウチのトラックはクレーン付きでも3.5㌧の積載量が可能で、ブームも6㍍伸びる特殊車両♪


4㌧車でクレーン付きの2.5㌧しか載せられない奴より

機動力、小回り、搭載力はまるでワイのように優れ物です♪ヾ(≧∇≦)



そんな旗艦車にタックさん荷物を載せて、移動中の下り坂を走るとき

ブレーキを めいっぱい踏むわけには行きません!

つか、ブレーキパッドが磨り減ったりと、後々危ない事に成ります


で、いつものワイの先輩、車修理屋さんに依頼。

排気ブレーキは4~5年前に総交換したハズだけど?、、、、、と言うと



なんと!10年以上前に替えたと記録有りとのこと


先輩は替えた事すら忘れてたけど、ワイはつい最近と思ってた!?



なんとまぁ、月日の経つのは早い事です(≧∇≦*)

油圧爪ジャッキ

  • 2013/01/22(火) 17:39:37

車や重量物を持ち上げるのに使う油圧ジャッキですが

車に着いてるダルマジャッキとは少し形状が違うコレ、爪ジャッキと
言うもの



多少形状が違うのはメーカーが違うだけで、用途は全く同じ

床からの隙間がほとんど無い重量物用に活躍するための物


頭の上での許容荷重が2tonとすると、爪部の許容荷重はその半分の1tonとなる

許容荷重の大きな物でも、だいたいその半分の許容荷重と成る物が多い



こういった工具はリース屋も扱ってはいるが、だいたい10tonからしか置いてなく

狭い場所やソコまで重く無い物の時の為に手持ちとして購入した物


使用頻度としては、年間を通しても少ないがヤハリなくては成らない工具の一つだ

リーマー各種

  • 2013/01/09(水) 18:26:06

ってホド幾つも無いんですけど


ひさびさに工場内の備品案内をば、、、


で、このリーマーと言う物
どうやって使って、何をするものかと言うと

簡単に言えば、ドリル穴の内面をキレイに仕上げて、ピン(丸棒)や専用ボルトの精度を良くする(ガタを無くす)のが目的


加工方法によって何種類か有るんですが



例えば右はハンドリーマーと言ってソノ名の通り専用ハンドルを使い手で加工

左はブローチリーマーと言う旋盤やボール盤での加工をするための物



更に大径になると



左のハンドリーマーに似た形状でも、取付部がテーパーシャンクでこれまた旋盤やボール盤での加工が出来るように成ってたりもして

右の物は同じ径だけど一応ハンドリーマーとして使うのですが、穴径が19Φから21Φまでアジャスタブルに変更加工出来る物もあります

同じリーマー加工と言えど、用途・強度に応じて工具を選ぶのもノウハウの一つと言えます

ヘッドライト、ペンライト

  • 2012/12/17(月) 15:30:13

年末の大型専用機械大移設工事に向けてヘルメット用のヘッドライトを購入




夏場の同じ様な工事時は日も長く不要でしたが

流石に冬場は夕暗く成るのも早く、他の業者さんが使ってるのをみてヤハリ必要かな?と


購入は近くの工事作業用品店

ついでに、冬用工事ジャケットもカミさんの分と併せて購入



形は同じの色違い


清算でレジに来ると思わず「?!」と、イイ物発見♪



スマホ用のアイテム、スタイラスペン!




だけじゃなーーーい!(笑)



2つのボタンがあって、ちょっとした、ペンライトと、、、



コレが秀逸、もう一つのボタンを押すとレーザーポインターと成る!!

こりゃあ工事の時の作業指示にも使えるし、買わない訳は無い!?


今年は年末の工事のおかげで大晦日まで目一杯だけど

ガンバるゼーーー!

タッパー(2種)

  • 2012/10/01(月) 10:30:10

タッパーと言っても、家庭で使うソレとは違う

ソレはボルト等のネジ穴を作る時に使う工具で、数個ならばハンドルを使って手で加工します

ネジ径が大きく、数も増えるとそりゃ手では日が暮れちまいます

社内で製作していく分には素材の状態で材料が小さい時に加工するんで、ボール盤での加工しますから

数有ろうが、太かろうが構わないけど

出張先の現場では据え付いた状態だから、電動ドリルで下穴あけたら

専用ハンドルで手加工するか、それなりの電動工具で加工するしか有りません

ソンな時に活躍するのが、このタッパーと言う電動工具



手前の物は、普通の電動ドリルと同じような形状で

下のようにタップドリルをチャックで挟み使う



少し違うのは、押さえると通常電動ドリルと同じく右回転しネジを切って

ある程度ネジが切り進んだらスイッチを切らず、引っ張ると左回転してタップを抜きます

ただコレはM8㍉までで、なんとかM10㍉が行けるかな?ってくらい




ソレ以上の大径はもう一つの電動工具を使います

コレは優れもので、タップドリルが相手に対して垂直に加工出来るガイド付



ただし、コチラも不便なトコロがあって

タップ径毎に取付アタッチメントを替えなければ成らない



ウチに有るものはM16㍉まで、実際にはどんなサイズまで有るのか知りませんが

この電動工具、ボルト締め付け用のインパクトとしても使えるので少しお得感がある?

自作チルローラー『チルコロ』

  • 2012/08/10(金) 17:31:37

いよいよ明日から一般社会は盆休みに入る事でしょう

が、ワイ社は逆に盆休みでの停修工事突入と相成ります


今回の工事は某大手◯◯ソーの専用大型機械大移設


もともとが、機械製作をして搬入据付・試運転稼働といった業務をこなしていたのも有り

別メーカーの機械の移設は普通にやってましたし、ソレに伴う機器工具なんかも持ってます。



こんな30tonクラスのジャーナルジャッキとか、20Φのワイヤースリング、パレットリフト、、、、、と


だから、客先によってはウチを『重量物運搬会社』とマジに思っている所も有ります(笑)



んなわけで、コレ『チルコロ』と呼んでる重量物運搬の自作専用台車

一般にはローラータイプの既製品がありとても高価な物で、どうしてもの時はリース・レンタルすればいいのだが

使い勝手がイマイチなトコロがあり数年前に自作した

75Φの耐荷重120㎏を6個配置し、凹形状の最低地上高は30㎜

いろんな搬出作業を想定した為の構造は、我ながら自慢の自作品でまさしく縁の下の力持ち工具です

フランジスコヤ【加工製作冶具】

  • 2012/07/09(月) 18:31:12

先日のプレハブ配管の製作で久しぶりに使った冶具が有るんだけど

コレがそのフランジスコヤ



普通のスコヤは↓こんなの


ようは、直角を測る(確認する)ものナンだけど

配管フランジは合わせ面の直角が重要って事で

普通のスコヤではパイプにあてがうとフランジの外側を測る事に成ってしまう

それでもいいんだが、溶接後の確認は溶接肉盛りが邪魔して測れない

だから、こうして


フランジのツバをかわしてパイプとフランジの合わせ面の直角を測る


こういった物は、自分で考えたんじゃなく

鉄工鍛冶屋業界では当たり前の様に『昔から決まっとる』状態の物で、予め自分達で作っておく物


こうした物、チョット考えればこの業界の者なら考えつくハズで

『自分が考えた!!』

と、思いきや、もうすでに既製品でも有る。なんて事はけっこうザラ


その逆で、普段から使ってるから当たり前と思ってたら、意外に特許?なんてのも無くはないでしょうね?

トリタン、セリタンさらに純タン

  • 2012/04/25(水) 17:39:45

知らない者ならゼッタイ焼き肉のメニューと思うでしょうね

コレTIG溶接機のトーチに使う電極棒の材質の略称

で、↓コレが実物



純タン以外のトリウム・セリウムの配合はだいたい2%

で、電極棒の片方にも間違わないように色分けして有る


一般的に一番よく使うの2%トリタンは赤色で、直流ステンレス等

2%セリタンは灰色で、交流アルミなどの溶接に

純タンは緑色で、こレもほとんどが交流アルミ時に使います


でも、材質だけの違いで使い分けるばかりでは無く

材厚の違いで、溶け込みを考えたり、歪みを極力抑える為にと使い分ける事も有るんです


もう少しウンチクを述べると、

タングステン電極棒の先は鉛筆の様に研いで使うんですが

その角度を変える事によっても、電流量・溶け込みの調整が出来ます


以前は、こう言った事も先輩・師匠から受け伝えられる事なんですが

きょーびの世の中、ネットで検索すればほとんどが調べられる


しかし、ソレに合う電流値、溶化棒の送り、トーチの動き・時間・間合い等

こればかりは、マニュアル・口答では伝えられない

経験値と探究心がものを言う世界


鍛冶屋・溶接屋はヤハリ引き篭もりオタクだと思われちゃいますかネ?!

皿モミ用面取りドリル

  • 2012/04/23(月) 20:28:17

ちょっと写真では見にくいですが

コレ、先端キリが二段になったドリル



皿型ネジやキャップボルト(六角穴付きボルト)の頭を沈める為に

ボルト径より大きい径のキリが二段目に有って

ボルト穴をあけたらそのままキリ込み、沈め穴をあける(ワイ等はザグリ穴と呼んでます)


昔はこんなドリルなどなく、ボルト穴をあけたら後行程でまたザグリ穴をあけるとか

旋盤で、太いドリルの先端部分を細く削り作ったりしてました。

しかし、このドリル細い小さな物でも3千円強はします

先端部は自分たちでも研げるんですが、二段目は再研磨は難しい

だから切削油は欠かせませんが、

ステンレスは特にたくさん添油しなければドリルが直ぐにパーになってしまう

かといって、あまり油漬けにすると今度は仕上げに手間取る


行程の早さを優先するか、道具や油の償却を優先するか未だに悩みどころです。

スーパーセッター

  • 2012/04/18(水) 20:54:41

製缶造作の仮組み仮付溶接に使用する物なんですが



こんな感じの物で、中心の棒状は□50ミリ位の鋼材を使い

数種類の長さを用意しておけば、いろんなサイズの固定が出来る


もう少し分かりやすく言えば



L型クランプ(ウチでは自在シャコ万と呼んでます)の大型というか、

スーパーセッターは固定側も、締め込み側も移動可能な道具です

が、とにかく値段が高い!


で、こういった長い自在シャコ万も有るんですが



イカンせん、木材ならともかく鉄材では延長シャフトが曲がってしまう


そんな訳で、ホームセンターで見つけたスグレモノ



ずいぶん前に買ったんで、商品名は覚えてませんが

用途はスーパーセッターと同じ物、

ただ、コチラのはフトコロも小さく、シャフトも20Aパイプなんですが

ホンマもんの値段にくらべ、単位が一つ少ないのの半額以下!!



ハンドがT字で、壁際では回せ無いのでコレまたテレンクレンのハンドルに改造してあります

更に、コレの良い所はシャフトがネジパイプなんで

継手ソケットで延長して使えるし、クロス継手にすれば十文字にして固定が出来るんです。


プロ専用じゃ無くっても、使い方によっては役立つ物ってケッコウ有るんです

ポンデにはネルタックスゥ~♪

  • 2012/03/21(水) 07:49:01

先回の記事で、

ホントは先にネタにしたかった事が有ったんですが

話がそれてしまい、実はタイトルを変えて投稿したんですm(_ _;)m



それは!!

熔接前の処理、というか

この業界ではフツー。。という方法が有るのだ!!!


その名も、、、、、

ネルタックス

独立した頃に購入したから、ほぼ20年近くというのに

まだ、半分も減ってません(爆)



軟鋼TIG溶接剤と有りますが、実はイロイロ使えます


その用途はというと、

TIG溶接する部分にコノ粉状のものを専用溶液で溶かして塗るんですが

軟鋼だけに留まらず、今回の様なボンデ鋼板やステンレスにも有効で

ステンレスに至っては、溶接する表面に、ではなく、その裏側に塗ると

バックシ-ルドガスを充てた様に花が咲かずに裏波が出るんです。


軟鋼(モチロン黒皮材)では、TIGだけではなくMIGにも有効です


ネルタックスで検索するとワイより詳しく記事にしてるサイトにあたると思いますが

意外に知らない溶接材屋も有る様で、ワイ等の業界ではてっきり当たり前のモノと思ってました。


んがっ!ここからが更にの裏技で

このネルタックス、専用溶液で溶くより、ラッカーシンナーで溶いた方が安上がり


と、言うのも当たり前の事で、、、、

ワイは専用刷毛塗り缶を設けて使ってます



塩ビ用配管接着剤の刷毛付き糊缶500g


この容器を使えば、刷毛付きなのでイツでも直ぐ塗る事ができます。


さらに、ネルタックスは砂鉄の様に重いので溶いたとしても混ざるだけで、

放置すれば直ぐに沈降し、液剤だけ塗る事に成ってしまうので

この缶のなかにステンレスのナットやボルトを入れておきます

そして使う度に缶を振り良く撹拌させて塗れば良いのです!!


さぁ~!!ポンデもイヨイヨ佳境に突入!!

ドクターわい爺の鉗子

  • 2012/03/19(月) 13:16:43

コマかい材料・部品を掴む時に使う工具がコレです



左からバイスプライヤー(ロングノーズ)、ピンセット(逆作用)、鉗子

この3種どれも手を離しても品物を挟んでることん出来る工具



例えば、バイスグリップはこうして小物を強力に挟んで



グラインダー仕上げ等する時使います。

これなら、手を怪我する事もなく作業が出来ます


また、逆作用ピンセットは電線とかもっと軽い細かいものを挟み

半田ゴテ作業する時に便利


で、最後の鉗子

これは医療ドラマでもお馴染み?の手術に使う紙切りハサミ状の道具



こうして、挟んで溶接する時なんかに使えます


コノ鉗子、釣り道具屋にも置いてあり

フライフィッシングでの魚からの針ハズしなんかには知られているかと


しかし、ワイは更に違う用途で持ってます


手術の時に血管を挟む様に



こうして、エアーホースを挟む時用に使います

大きな工場現場のエアー機器の修理・交換時にこうして挟めば

エアー源のバルブ探し・締めることなく作業が慣行できるんです。


異業種の道具は意外と別用途でも使える事があり、

ソレを発見する事が至高の喜びだったりもします。。

業務受け書

  • 2012/03/07(水) 23:47:55

ほんとネタが無いんですわ~



で、そんな時カミさんが

「受け書無くなってきたよ~」って

そかー、もう何回目の増版になるんだろうか

A5判の二枚複写冊子で作ったウチ専用の伝票です。



今回は、少し少な目に印刷製本してもらいました。



内容は、社内製作・現場作業・設計と

業務が多様してもアナログ的にオーダー別、作業者別に

記録と報告、請求積算出来るようにと工夫された伝票と自負してます



仕事の大小に関わらず、たとえ百円単位でも記入

数千万の仕事でも、何枚も連番を付け記入してますし

別用途で、見積もり時・仕事前の実行予算書にも使えます。



ゆくゆくは、エクセルとかワードで使える様にしたいんですが

なにせ、多業務ゆえ購入品の点数が、

鋼材・管材・電材・木材、、、土木材と多業種・多品種で

データ量がハンパなく

コレが一番の悩み処では有ります。

クッションペーパーとエキスパンドメタル

  • 2011/09/23(金) 12:44:24

先日のお客様にギヤ車輪を送る為に気が付いた事がありました


梱包時に使う緩衝剤にはイロイロ有ります

プチプチに代表されるエアークッション材やダンボール紙、ウレタンやスポンジ等


ウチも一応機械屋、メーカーですからそれなりに梱包材ストックはあります



で、先日『クッション・ペーパー』を使って部品を包んでた時に

「ん?これはあの・・・エキスパンドメタルと。。。」


そう、同じ理屈で作られた商品なんですね?

images.jpg

こんな感じの、、、

何処かの工事現場・工場うらの通路や、フェンスに使う菱形開口の金網

見た事有るはずです。

images (1)

コンな所や

images (2)

コンな風に使われてる



この『クッション・ペーパー』も同じ要領で加工してあり

自分で形にして包むモノなんです


このナンの変哲もない紙の・・・・



両端を引っ張り、伸ばすと、、、、、



こんな感じで


もう少しアップでみると



こう、紙にスリット=切れ目が・・・

解ります??千鳥に入ってます


それを、引っ張ると



こうなるわけで


以前『エキスパンドメタル』の説明をする時に、こういった品物を思いついていれば

もう少しまともに説明ができたろうに、、、、。

爪ジャッキ

  • 2011/08/27(土) 15:12:08

先日ひさびさに緊急修理出張

その際に使った爪ジャツキ君が済んだ後工場で見たらエラいことに!?


トラックの荷台で横たわってるのはいいとして、中の油がダダ漏れに!!



爪ジャツキって、聞き慣れない言葉?と言うか、、、

あんまり知りませんよね?


コレがまた!便利な工具で

車とかに付属してくるパンタグラフジャッキとは比べものに成らないくらい強い

ばかりじゃなく、横の爪と読んでる部分で少しの隙間があれば持ち上げてしまいます



どうやら、このネジ部が緩んで漏れてたようです



中の油には、一般に作動油という油を使ってます



車のエンジンオイルなんかのように潤滑等の添加物の無いものを使います


で、久しぶりに出してみると、、、、ほとんど残り少なく成ってました

頻繁に使うものじゃないけど、やはり買い置きしておかなければいけない


何かと最近出費が重なります。。。。

トーチ修理

  • 2011/08/27(土) 15:11:53

やっと、修理から帰ってきた



プラズマ切断機のトーチ

出張修理用のTIG兼用機なんですが、、、




でも、、、、また行きました。。。


最近は修理出張が少ないからいいんですけど、、、、。

早く直ってこないか心配です。

日焼け止めクリームの邪道的使用法?

  • 2011/07/20(水) 12:49:24

あぁ~~そ~ですよ!どうせワイはナンチャッテ溶接鍛冶屋のエセ黒鯛ヘチ釣り師ですよ~~っだ!!

だから、夏場の暑い時期は半袖の裾マクリで作業してますよ!!

だって、暑いのいやなんだも~ん(汗

でも、そんなだから腕の日焼けならぬ、火焼けは水膨れてアバタ状?

敏感デリケートなワイの柔肌はとても可哀想なことに成ってしまいますぅ~。。。。


そんなワイには欠かせないアイテムが、、



日焼け止めクリーム!!

と、、、、



スポットクーラー&扇風機!!!



でもでも、、、

本溶接や重溶接になれば長袖・無風でやりますよ

ガンバレニッポン!!!ガンバレワイ爺!!!

ペットシート

  • 2011/05/13(金) 11:01:28

そろそろ無くなって来たんで買い出しです。

コレ、犬とかペットの室内用のシートで、紙オムツとか○プキンの大判ですね

ウチにも犬は居ますが、室内犬では無いので使いません




では、なにに?コレはですね~


塗装時の塗料の小分けや、機械油の小分け時に桶の下に敷くんですね~

また、機械の油が漏れた時にも使えます


こんな風に、本来の用途とは違う使い方を考えるって僕は大好きなんです

テスター3兄弟

  • 2011/04/18(月) 17:25:37

まだまだ今週末に掛けて、今月最大の山場に突入するが

先週末・休日と老体にムチ打ったおかげで、山場の一つは越せれたので

今晩も先回更新のつづきを、、、、(苦笑


ココまで来ると、ただの道具道楽!?って言われそうですが



本日の3兄弟は、テスター

電気屋さんかい!??っちゅう感じですが


鍛冶屋でココまで持ってるのは少なかろうと、、、変な自負も有ったりで



左のは「クランプテスター」というもの

主に電圧・通電・電流値を測定、真ん中のもホトンド同じだが

違いはデジタルと言う事、だけでなく


アナログ(左)側は電線径の太い物が測れるが、デジタルは細い物しか測れない

それと、老眼ゆえのデジタル好きのワタシが、何故にアナログか?というと

アナログでしか判断出来ない事が有るわけです


モーター等の電流値を測る際、デジタルでは数値が一瞬に変化してしまうが

コンベアや装置の駆動モーターの試運転や故障の際に、アナログでは

針の振れ方により、不可変動が読みとれるんです


何でもかんでもデジタルというわけにはいかないんですねコレが、、、



で、右側の物が通称「メガテスター」と呼ばれていて

モーターのような電線が表にない物の断線が判ります


普通のテスターの『導通』モードと同じなんですが

より大きい電流を流す事によってソレを判断出来るように成っています。

コレもアナログの指針計で、針の振れ具合によって判断する

デジタル数値では図れない「ファジー」なところを人間が判断します

水平器3兄弟

  • 2011/04/16(土) 17:35:17

バタバタはしてる、が

何だかんだと言って先日の便乗ネタでの投稿、、、、。



本日のご紹介は 水平器

ま、コレと言ってウンチクもないんです、、、。


取り敢えず3兄弟シリ~ズっちゅうことで

ムリムリ3品選んでみました(苦笑



一番下のが、ごく一般的な気泡管水平器(水準器)


左上の物は少し変わり種、ヒューム管等の敷設時に使うもので



詳しくは下図の通り

8128742_o2.jpg

ウチでは、タンク製作時のノズル墨出しに使います


で、左上のが、、、お得意のデジ物

気泡管でも精度の高いものが有りますが、やはり「目測」

やはりデジタル表示は見やすく、コンマ台まで測れる


コレまた老眼の高アドバンテージ品でございます♪♪

分度器3兄弟

  • 2011/04/14(木) 20:56:09

暖かく成ってきました

いよいよ花見シーズンも終わり葉桜となりつつある


花粉症は、ここ2・3日薬を飲むまでもないのだが

みょぉ~に鼻クソが詰まってしょうがない!しかも固いし!!?(笑


なんだか、4月は御陰様で大忙し

当分、投稿もままならないかも知れないから

今日はも一つ、ということで

久々の工具紹介シリーズ!○○3兄弟!♪♪

分度器ですね、正式にはプロトラクターと言います

moblog_8f7ed013.jpg

上の2個が一般的な物で、外側角度のみの測定しかできませんが

その下(真ん中左)は内側、外側の角度が測定できます

その右は、角度を写し取るだけに使うもの


で、一番下が最近購入した優れもの デジタルプロトラクター

今までのものは、目盛りがあっても有る意味「目測」ですが

小数点まで表示できるし、老眼に優しい!!♪♪

ただし、デカいので小さい物で内側角度は無理

外角度も機械内部に入った物はチョッと無理


しかし、老眼のワタシにとってデジタルのアドバンテージは高い

メカ・クリニック「Dr。わぃ爺」

  • 2011/02/16(水) 09:56:22

鍛冶屋と言っても、修理なんかもします


鉄・鋼材を溶接して治すんのが 外科治療 としたら


機械の内部を診断・修理をする 内科診療 もウチのお仕事です。



外傷などは目視で済みますが、モーターや減速機等の機器は見た目に判断つきません


モチロン、軸が回らなかったりモーターから異臭がすれば故障と判断できますが


不調は解りづらいんです


そんな時はコレ↓

PH_386.jpg


聴診器ですね、お医者さんが使ってるアレと同じです。

本体に当てるモノがチョット違う、いやズイブンか、、^^;;


手持ち部と針の間が少しふくれています、そこが一般の聴診器と同じ様なモノになってて

音を増幅させるんでしょうね



他には、やはり人間様の診断にも使う体温計

ソレなんかは、機械の温度が100度を超える場合が多いので

非接触型のモノを使います

(写真が無いのは、ドコに仕舞ったか忘れたからです)



機械の病気も同じで、音だけでもイロイロ違いがあったり

ソノ機械にとっての適正温度を知ってなければ判断を誤ります

それも、マニュアルにはない 経験 がモノを言う世界ですよね


最近、マンガコミックの医療モノにハマってる わぃ爺でした、、。

貧乏性

  • 2010/11/18(木) 07:51:50

なんだか1年に一回は棚を増やしてないか!?っちゅう感じや、、、。


新しい仕事をしたり、大きな物件をした後、必ず工事・製作資材が余ってくる、、、、。


見積とはいえ、不足による製作・工事のトラブルは避けたいので

必ず少し多めに購入すると、その後は「ヤッパリいらんかったか・・・」

状態がやってくる、、、、。


狭い工場なんでイツも収納に苦労する

今回は取り敢えず、既設の棚の中間にもう一段作り、なんとか押し込めた


もう次回は棚を作る場所も無くなるだろうし、、、、ソロソロ大きな工場に引っ越すか!?




なんてな♪。。。。。

クールミット

  • 2010/11/01(月) 12:37:41

溶接による、その箇所より先の熱歪みを防ぐため、熱伝導を遮るアイテムです




中は、泥粘土のように常に水分を含んだ状態になってます

女性に「泥パックです」と言えば、本当に信じてくれそうな代物


ワタシの場合、ステンレスのTIG溶接時のバックシールドガス代わりに

使えないかと買って試してみましたが

バーックシールドガス効果が掛かる前に水分が沸騰して

暴発しまくって溶接に成らない


相変わらず、いかにして楽に?というか手軽にバックシールドガスを

当てれるかを模索してるが、耐熱テープを貼る方法が一番か??



やはり、人の手か、専用冶具をその都度作って行った方が

テッパン”なんだろうな

安全靴

  • 2010/08/31(火) 07:24:24

安全靴とスリッパじゃないです

両方とも安全靴です



左のクロックスのようなモックのような靴

ちゃんと爪先に安全ガードが入ってる

でも、かかとが?安全??みたいな



仲間の後輩から

『怠けたような安全靴ッすね!?』

ワタシも苦笑いしました♪


普段からの履物が安全靴ばかりのワタシは

本作業以外にラフに履けるモノはないかと購入

モチロン本作業は右の安全靴を使用します


でも、昔は野暮ったい革安全靴しか無かったのに

イロイロ有りますね、今は、、、。

扇風機フル活動

  • 2010/08/06(金) 07:20:35

たぶんドコの鍛冶屋・鉄工所もそうでしょうが

この時期、扇風機が欠かせません!!


しかし!!あろう事か、たった一台の扇風機が壊れた(壊された?)んです、、、、。


近くのホームセンターへ直行したら、在庫無し、注文で5日以上待ち?値段は9000円?!


熔材・工具商へ問い合わしたら、6000円以下で残り少ないとの事

「んじゃ!2台くれ!!」って事で、来るのは明日??

今日1日地獄じゃぁ~~~!!と思ってたら、午後には納品 活きた!!


で、並んでガンバッテもらってます♪♪


更に奥の1台は、スポットクーラーを背後に置いて拡散

コレも、ケッコウやってる鉄工所多いと思います♪

効きが悪いんでしょうが、気持ちだけでも涼しいんです!♪

2010072.jpg

しかし、当たり前の事なんですが、、、、。

溶接時、特に本溶接では扇風機ストップです

手棒溶接をすればヨッポどいいんでしょうが、

スピードと品質で、ホトンどがガスシールド溶接なので

は大敵なんです


でも、切断・切削・旋盤・組立の時はホント神様です!♪♪

最近では、出張工事でも許される所では持っていきます



後日談ですが、週末になると各ホームセンターで『3000円』

ってのがよく出回るんですね?!あったまきちゃう!!><;;