スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とろ鉄4

  • 2010/05/01(土) 12:36:25

このマンガが出るたびに記事にさせて貰ってますが

なんで、ココまでハマったかと言うと


独立する前に勤めていた会社(鉄工所)にケッコウ近い雰囲気を感じたのも有りました

また、最近何かと溶接や鍛冶の記事・ニュースも見ます



この作者も、以前鉄工所勤めで、内容もコアで有りながら

解りやすく、絵と雰囲気で描かれてると思います。


ウチのカミさんなんかは、あまりマンガとか読まないけど

コレは必ず1度は目を通してる見たいです

なにせ、ホント我々視線がウマく題材に成ってます。


で、イツも内容にはあまり触れませんが

一つ気になった事があります。


野村さん

ワタシから言わせて貰えば、『職人』は『芸術家』と思ってます。ご安心下さい

ソレは、個人業だけでなく、大会社の一従業員であっても 同じ

その職種を極めた人、溶接工・旋盤工・設計士・営業・・・・

その人達は気付いてないだけで、ヤハリ『芸術家』であって

その全ての人にキラリと光る『センス』が有ります。。

近頃『工場萌え』?とか言う写真集を見ても解ると思いますが(買ってはいません  

『見て美しい』物だからでは無いでしょうか?


まぁ、一言付け加えるのなら商売ですから、、、、

『家』では無く『屋』でしょうか?


でも、『芸術屋』というのは可笑しいな。。。。


関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。