スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場の心得、と言うか拘り

  • 2011/11/29(火) 09:45:05

配管工事の際、ワイ社に拘りと言うか決め事が有ります


下の社員は配管継ぎ手の一つでニップルと言う物



左から、『六角ニップル』(鋳物製)真ん中は『丸ニップル』の鉄製で、右が丸ニップルの『ステンレス製



で、ナンの事か結論から言うと

ワイは真ん中の鉄製丸ニップルはほとんど使いません


配管構造に強度が要るので有れば、六角ニップルを使い

内径確保と各継ぎ手・バルブ間をコンパクトに配管するなら、ステンレス製丸ニップル


と決めてます。

今回の工事に於いても例外では有りません



モチロン、数多く使い予算が許されなければダメですが

数個の事でならば、自腹ででも勝手にステンレスを使います。


なぜなら、鉄製丸ニップルはパイプの肉厚がほとんど無く

将来必ず錆びて漏水し、自分がメンテナンスする際に取れなくて往生するからです

そんな事に成らない様、皆さんも先見の目を持って取り組みましょう!♪♪

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。