スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮全摘手術2

  • 2012/07/17(火) 16:10:59

「せんせぇー!それは無いわー!?」

誓約書の術式題目に腹式・・・と書いてあった文字を見て思わずそう言いました

医者曰わく、全身麻酔をした後子宮が降りて来なく摘出困難な場合は腹部を切る腹式に切り替える可能性も有るから

「それじゃあ、一応『膣式』と書いて追加書きすればいいはず。こんなのは腹式ありきで、元々出来ないのを誤魔化してるとしか思えない」

と、まあ散々文句を言ったが、極力膣式を推して了解しました

医者の「頑張りましょう」も気にくわず、

「(医者も)頑張りますと言って下さい、我々はそれこそが聞きたい!」とも付け加えておきました。


不安要素はそればかりではなく、手術の当日は13日の金曜日、まぁ日本には関係無いんですけどね…




手術も始まり待つこと一時間、病室の室内電話が鳴り執刀医からの説明が有るとの事で、手術室へ

出て来たのは説明した医者と違う!?

さらには、摘出した内臓物の説明のみ!そそくさと再度手術室に戻りやがった!!?

おいおい!無事に終わったのか?切ったのか?切らずにすんだのか??

もー、カンペキに疑惑悶々状態で待つこと30分、カミさんは看護士と共に病室へ帰ってきた

が、まだまだ麻酔から覚醒しておらず、看護士達は声掛けをして覚醒を促します

その時点でも手術の説明がなく、小一時間後、執刀医が急にきて意識が覚めないカミさんに

早口で、しかも専門用語を並べ最後に下から(膣式)出したことをしゃべった

「ちょっとちょっと!そんな早口でしかも専門用語を!それなら私達に先に言うべきでしょう!!」

なんだか、ここの医者や看護士達は説明が足らないと言うか!よーワカラン

まー、無事に膣式で終わったのは
『お医者さん、よーガンバったな!!?』
と、心で少し誉めてやりましたがね

関連記事

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。

無事に手術が終わったのですね!
それは何よりです。
しかし当分の間…色々な意味で大事をとってあげてくださいね!
心と体のバランスが崩れやすいから…しっかりサポート頼みますよ
。また様子を見てシュガーさんの顔見に行かせてもらいます。
お大事に!m(_ _)m

  • 投稿者: nene
  • 2012/07/18(水) 23:20:18
  • [編集]

Re: お疲れ様でした。

ありがとね♪

  • 投稿者: わぃ爺∞
  • 2012/07/19(木) 14:49:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。