スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍛冶の合い間的モノづくり【餌箱・エサ取り】

  • 2014/07/09(水) 20:22:02

連投に成りますが、

同じくFacebookで投稿したのみの記事


同じ釣り業界の中でも底辺でニッチな黒鯛落とし込み

今でこそ認知度も有ろうかと思われるものの

その昔は、何?それ??状態(笑)



よって使用するアイテムも市場に少く、先人先輩方は自分ながらの物を作ってたようで

マニアになったワイも、御多分に漏れず思っきし作りにはまってました

それが以下の記事ですが




ワイの親父もそのまた親父(お爺さん)も無類の釣り好きにして、
独自のアイテム作りの名人だったようです




さぁ、、、その後のワイ以降の、その血は脈々と続いてるでしょうかね?(笑)

関連記事

鍛冶の合い間的モノづくり【アルコールバーナー】

  • 2014/07/09(水) 19:05:09

だいたいが毎日オリジナルの物か、一品物を作ってるわけだが

同じ物作りでも少々方向性が違う物がを無性に作りたくなる

それが、やたらと忙しい時であってもその衝動に駆られるわけで

しかも、その品物は普段目にして使ってる物を使うという類いの材料


最近、巷で噂の【アルコールストーブ】




てっきりブログに更新していたと思いきや、Facebookにしか投稿してなかった

最近どちらに何を投稿したのかほとんど分からん状態が
続いてる

Facebookの物は初回品で、 けっこう何個か作ったが今はチョイ不良品のコレのみ

コレはFacebookの物と違って内側にツバがあるタイプ



ちょっと燃焼時間が長いけど燃焼力は弱いようです。




なんだか又ムズムズ作りたくなってきた今日この頃です(笑)


Facebookでもボヤいてます!♪
https://www.facebook.com/W.santecc

関連記事

九州遠征サブ 人物編

  • 2014/07/07(月) 16:09:41

実は今回の九州遠征にはもう一つの目的がありまして

九州方面のFacebook仲間の訪問会談がしたかったのです。



お客様の九州工場長もそーだったんですが

こちらの方のエネルギッジュさもさることながら、

どなたのキーワードも「どげんかせんといかん!!」

なんですね!?(笑)


ズイブン前から鍛冶屋繋がりのネット仲間の方や、Facebookから知り合った方とホンの数人ですが

4日の午後からと5日終日の数時間ではありますが







ホントに今回の遠征出張で「さらなる力」

を貰いました!!

https://www.facebook.com/W.santecc

関連記事

九州視察遠征

  • 2014/07/07(月) 15:47:32

先週の7月3・4日と九州福岡桂川(天道)へと言ってきました。


こちら愛知の半田に有るお得意様の名古屋工場で新設改造を行うと言う事で

同じ仕様のお客様九州工場の設備を、こちらの工場長と本社生産技術課長様のご一緒にさせていただき

九州工場長のご説明を受けてきました。







写真はホンノ一部ですが最新バイオ技術を取込んだ設備で

この仕様に、さらに改良を加えて工事施工をとのご依頼です。


ガゼン闘志が滾ってこましたよ!!(笑)

関連記事

誕生日とサプライズとお嫁さん

  • 2014/06/06(金) 22:35:53

昨日同居のお嫁さんが金曜日は早く帰って下さいね?って

もちろんお嫁さんってのは息子の奥さん

自分の奥さんを『嫁』って言う奴は許せん派のワイジーです


それはそうと、まさかのサプライズ
ワイの誕生日のお祝いをお嫁さんが企画してくれてたんです

サービス業故か自分がされるよりもお客さんにしたい方のワイはココ数年お嫁さんが気を使ってくれるのが逆に申し訳無い

カミさんにもマトモにお祝いした事無いのに、、、(笑)


そんなこんなで今夜は息子夫婦孫ちゃん達だけでなく
娘や末っ子と彼女まで来てくれて

1ヶ月前からお店を予約してくれたお嫁さんの計らいで、、




ついこの間は、ウチの大バァチャン(ワイの母親)の下世話まで

カミさんと二人で現場出てるから孫ちゃん3人も居るのに頑張ってくれてる

今更ながらワイも息子も
カミさんを筆頭に、娘だけじゃ無くお嫁さんまでも助けてくれて

稼ぎが少ない爺だけど頑張るね!!!?(笑)





姫ちゃん達はコレ見てパパと思ったらしく
ジージはダメ!!って成ったのは内緒です!(笑)

関連記事

養豚場分娩柵組立と糞尿排出スクリューコンベア組立

  • 2014/06/04(水) 16:55:07

5月のゴールデンウイーク明けからほぼ1ヶ月通ってた現場









いよいよ大詰めと成って来ました






別業者の餌配給ラインや水飲み配管や電気工事も完成に近づき




我々のほぼ最終工事の糞尿排出スクリューコンベアも組立完了

でも、ピットのフタやら入口の案内柵やら庇フレームもまだまだ残ってる


普段やってる企業様向けの工事とは違い数量や搬入広さがハンパ無いが

大手様企業の入門の煩わしさに比べれば少しは気が楽なのもたしか

そういった柔軟さがウチの業態の良さと少しは自負もした今回の工事でした

関連記事

電動車イス・ヘッドライト取り付け金具変更修理

  • 2014/05/18(日) 18:34:13

5月のGW明けからほとんど缶詰め状態で、
昔からのお得意様畜産場の新築分娩舎内の
分娩柵の組立をしています。
これまた数が半端なく多いんでワイもカミさんも応援スタッフもほぼ半死状態(笑)


それはさておき、
本日は日曜日とはいえ缶詰め工事状態の為の休日返上工場内作業なんですが
先日FB兄友の天草兄さんからLINEメールで問い合わせがあり

こんな半端なワイでも役に立つのならと、本日作業にブッコミました!(笑)





考えてみれば、こういった作業も
以前、亡くなったオヤジの車イススロープを作って以来

付け焼刃の速攻で作ったので、杉ちゃん気に入ってくれるかな?

つか、役だってくれてるかなぁ~

頑丈すぎると扉入口のほうを壊しかねないか!?



そん時は言ってね(笑)

関連記事

Facebookの投稿を埋め込む

  • 2014/05/05(月) 15:21:01

先日FB友の池上さんの投稿で知った、Facebookの投稿を他のブログに更新する方法

『外部へ埋め込む』設定


どんなんかなぁ~ってなことでさっそくパクリ実行(池上さんごめんなさい(笑))













と言う事で、、、、、、。


こんな風になります??



でも、コレPCでしか出来ないみたい、、、、。。。。

関連記事

鍛冶屋的漬け物!? ステンレス丸羽根酸洗処理

  • 2014/04/22(火) 12:56:06

先日溶接完了した撹拌機用丸羽根




溶接後はちょっとした歪み矯正と回転バランス調整をして仕上げです。





600Φのタライに塗布用酸洗剤をどっぷり







1日ドブ漬けさせた物を取り出し





シッカリ水洗い





中和剤もシッカリ吹き付けて更に洗います。






綺麗に仕上がりました!!

関連記事

手摺りのエンドキャップ製作

  • 2014/02/24(月) 09:48:50

市販既製品の手摺用エンドキャップの製作依頼が来ました





↑こんなイメージのもの、、。


どうやら、そこのメーカー物はアルミ鋳物で

パイプのヘアラインと合わないからとの事で


ヘアライン物でさらにそのパイプ取付穴に合わせての製作依頼です






メーカー資料図面をもらうと、、、、

取付が左右兼用でとなってます。



併せて、スロープ部用の鈍角コーナーも必要とか





取り付けボルトも

エンドキャップはM6、鈍角エルボはM8ということで


普段なら接続用の中パイプは、市販のジョイントパイプを使うんですが

肉厚がt2.0しかなく、M6では2山、M8では1.5山しかネジが掛かりません

よって、ジョイントパイプに近い外径の肉厚パイプを使い



今回の専用ジョイントパイプを製作します


差込側のみ旋盤でテーパー加工して





次にセッティング用ネジ穴を


等間隔、同位置に来るよう治具を作り穴あけ






ネジタップ加工



今回のエルボは私も初めて使う『シャープエルボ』を採用





仮組み立てするとこんな感じに








次に、エルボの穴あけ

コレはジョイントパイプを溶接するための穴


数量があるので治具を作って、ケガキ作業の短縮化です





左右兼用の加工はとても手間が掛かるので

左右各半数ずつ作ります






専用ジョイントパイプとの接続

コレもまた治具を作り、固定し仮付溶接出来るようにします





エルボ側の穴を溶接で塞ぐ、コレを『栓溶接』と呼んでます



先端の半ダ円キャップも溶接して






溶接ビートカット(荒研削)し細研削しヘアライン仕上げ







内部の裏焼け取りと腐蝕処理を電解処理機で仕上げ完成です





次に、コーナーエルボ



市販のものは角度が自在とのことですが、今回は角度をを28°と決めているのと

市販エルボでは45°しかないので、使用パイプと同じ外径肉厚の物で作ります





Rエンドキャップと同じ工程で、仮組みまでしますが



上部のみ手触り、手当たりが良いようにR加工します





一度溶接した後、角部に切れ込みを入れて


ガスで炙りながら叩いてRをつくります



そして、サラにまた溶接し、ビートカット、HL仕上げと移ります





梱包は直接渡すので、HL部のみ保護し

直ぐに取り付けやすいようにジョイントパイプぶは養生無しにさせてもらいました。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。